【ワイドスクランブル】痔の予防&対策法はキッチンタイマーとカイロを用意!

エンタメ

2020年1月28日放送の大下容子ワイドスクランブルでは、キッチンタイマーとカイロでできる痔の予防&対策法を紹介。

誰もが発症する可能性がある「痔」予防&緩和法。

こちらでは番組で教えてくれた痔予防・キッチンタイマーとカイロの使い方をまとめます。

 

大下容子ワイド!スクランブルで痔の予防&対策法を紹介

 

大下容子ワイド!スクランブルでは痔の予防&対策法を紹介。

痔には3種類あり、それぞれなりやすい人が異なります。

痛みや出血が1週間以上続く場合など、 おかしいなと感じた時には専門医の先生に相談することが大切。

切れ痔

 

便秘の人に多いのが切れ痔

便が固くなり肛門を傷つけやすくなるため

主に痛みは出血を伴うため気づきやすく女性に多い。

痔ろう

 

下痢の人が鳴りやすいのは痔ろう

肛門付近の肛門腺というところに菌が入り炎症を起こすことで強い痛みや発熱を伴うことが多い。

専門医によりますと放置するとガン化の恐れもあり100%手術が必要だそうです。

いぼ痔

冷え性やよく印象すると長時間座ることが多い人に多いのがいぼ痔。

患者数が一番多いのがこちら。

肛門の炎症を起こし 次第にいぼ状に大きくなってしまったものを言います。

自覚していない人が多い痔だそうです。

 

 

キッチンタイマーを使った痔の予防&対処法

①キッチンタイマーを1時間にセットして スタートするだけ。

②時間になって音が鳴ったら 立ち上がて10 M 歩くだけ。

座りっぱなしでいると肛門がうっ血してしまいます。

循環が悪くなることで炎症の原因になってしまうので、 1時間に一度立ち上がって歩くことが大切。

 

ドーナツ型クッションは肛門付近の体重を分散するため良いとのこと。

硬い椅子で長時間座る場合にはあると良いアイテム。

 

カイロを使った痔の予防&対処法

① つま先の下側と腰にカイロを当てます。

つま先と腰を温めることで 血行やリンパの流れを良くなるので冷え性の方にもおすすめ。

体が冷えてしまうと肛門

付近の血流が悪化します。

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
シェアする
mugikoをフォローする
Mugistyle