開運!風水の五行の意味を知り相性を知る【風水の基本】

世の中は5つに分類出来る。 これが風水の基本で、その分類が「五行」です。 五行は木・火・土・金・水の5つに分かれ、その五行の相性を知る事が風水の基本です。 風水には更に「陰」「陽」があります。 陰陽の違いをイメージがしやすい「木」で例えるなら 陰・・枯れた植物(ドライフラワーも含む) 陽・・成長している木 人は女性が陰で男性が陽になります。 「陰」はイメージが悪いと思われるかも知れませんが、バランスが重要です。 陰陽のどちらが欠けても世界は成り立たなくなってしまいますよね。 その為、「陰陽 五行説」が基本となりす。 この五行を理解し相性を知る事が風水の基であり運気をアップさせる事が出来る事が出来ます。

\今すぐクリックして見てみる/

▲▲セール情報をチェック▲▲

五行の分類

五行 は5つに分類できる「気」を表します。 物質の例を示して見ましたので見て頂ければイメージは付きやすいかと思います。 火・・火、プラスチック、化学繊維など 水・・水、液体、水彩画や水墨画など 木・・植物、木製の家具、鉛筆など 金・・宝石、時計など 土・・陶器、クリスタル、石など

方向別の五行

  北 :水北東:土(高山)   東 :木(若い木) 南東:木(勢いのある木) 北西:金  西 :金南西:土(肥沃な土)   南 :火

五行 の相性が良い 【相生】

相性が良いとされる関係を 「相生(そうじょう)」と呼びます。 お互いを生かす事が出来る関係の為です。 関係性を理解するには、理由を知る事かと思い表を作ってみました。
属性相生 関係理由
金は水に交わると増える
水は木を育てる
木がこすれると火になる
火は燃えつきると灰(土)になる
金は土から生まれる

五行 の相性が悪い 【相剋】

 相性が悪いとされる関係を「相剋(そうこく)」と呼びます。 
お互い対立し運気を低下させる関係性です。
関係性を理解するには、理由を知る事かと思い表を作ってみました。
属性相剋 関係理由
金物は木を伐る
水は火を消す
木は土の養分を吸い取る
火は熱で金属を溶かす
土は水を汚す

風水の五行のまとめ

相生関係 相性〇属性 ベース相剋関係 相性×
風水の基本である五行の関係性をまとめてしまいました。 「相生」の関係を上手に使い、「相剋」の関係を避けることが、風水を実践していくための基本になります。
スポンサーリンク
開運・小物
スポンサーリンク
Mugistyle