開運!九星気学の基本!自分の九星を知る

皆様は九星気学をご存知でしょうか?本屋にもたくさんの書籍が並ぶ東洋占術の一種です。 生まれながらに持つ九星 (一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星)を基本に 、 十二支・時間・方位学・五行の要素で構成されます。 様々な悩みを持つ現在において、複雑に構成される九星気学は対応力 が素晴らしい占術であり「開運」には欠かせない気学です。 今回は、九星気学の「基本」として、まとめてみました。

①自分の九星を知る

九星気学の占いの第一歩は、ご自分の九星を知る事から始まります。調べる方法は簡単です。注意点を一読して下表を見るだけです。 星といっても、夜空に輝く星の事ではありません。「性質」と思ってください。
注意点
気学(風水)の一年間は旧暦です。 節分がスタートになります。その為、基本的に2月4日に始まり、翌年の2月3日に終わります。1月1日~節分までの人は、前年生まれと考えて計算してください。例)昭和50年1月生まれの場合、気学上は「昭和49年生まれ」となります。Sは昭和をHは平成を表します。
一白水星 S20 S29 S38 S47 S56 H2 H11 H20 H29
二黒土星 S19 S28 S37 S46 S55 S64 H10 H19 H28
三碧木星 S18 S27 S36 S45 S54 S63 H9 H18 H27
四緑木星 S17 S26 S35 S44 S53 S62 H8 H17 H26
五黄土星 S16 S25 S34 S43 S52 S61 H7 H16 H25
六白金星 S15 S24 S33 S42 S51 S60 H6 H15 H24
七赤金星 S14 S23 S32 S41 S50 S59 H5 H14 H23
八白土星 S13 S22 S31 S40 S49 S58 H4 H13 H22
九紫火星 S12 S21 S30 S39 S48 S57 H3 H12 H21

②五行を知る

少しだけ九星気学を深堀しますが、五行は外せないポイントです。 五行とは、5つの行(働き)の事です。5つは九星気学の星の前の文字である 木・水・土・金・水 の事です。 東洋思想にはなりますが、 「万物は木・水・土・金・水の5元素から成る」 とされています。 「火」は「水」によって消すというように、五行には、相性が存在します。イメージすると何となく分かるのが、五行です。暗記しようと意気込むものではありません。関連記事として五行をまとめた記事がございます。 関連記事⇒ 開運!風水の五行の意味を知り相性を知る【風水の基本】 最後に重要な事として、気学は「大筋」を示す学問です。「何月何日に〇〇が起きます。」というような、ズバリ言います的な事にはなりません。ただし、古い学問であり、歴史があるという事は、的中率が高い事を物語っています。
開運
スポンサーリンク
シェアする
mugikoをフォローする
Mugistyle