メレンゲの気持ち!都心と田舎で暮らすデュアルライフやシェアハウスを紹介

エンタメ

2020年3月14日放送のメレンゲの気持ちでは、都心と田舎で暮らすデュアルライフを紹介。

こちらでは都心と田舎で暮らすデュアルライフをまとめていきます。

メレンゲの気持ちで都心と田舎で暮らすデュアルライフを紹介

今回のメレンゲの気持ちでは都会と田舎で暮らすデュアルライフについて紹介されました。

デュアルライフとは都心と地方の二つの地域で家を持ち二箇所で暮らすライフスタイルのこと。

しかしそんな生活ができるのは豪華な別荘を持っている金持ちや定年退職した後の時間に余裕がある人が行うイメージがありますよね。

実は近年デュアルライフを楽しむのは20代から30代が半数以上。

子供を持つファミリー世帯が多いそうです。

いきなり知らない土地に行くのは不安では?

 

お金もかかる2拠点目いきなり知らない土地に住むのが不安ですよね。

神奈川県三浦市ではお試しで空き家などを活用して短期間の居住ができるトライアルステイを実施。

すぐに暮らせるように生活に必要な家具や家電もついてきて、一か月45000円でお安くお試しで住むことができる物件もあるそうです。

実際三浦市のトライアルステイを3週間体験した方は、トライアルステイを経験したことで住みやすさや利便性なども確認できたためとても良かったという声がありました。

スポンサーリンク

 

デュアルライフで大変なことは?

家のメンテナンスが大変だったとのこと。

最初の夏はカビが生えやすく 手入れに気を使ったそうです。

家の管理のためにやっていることは、 友達が家族を連れてきて泊ってくれたり、 自分たちがいなくても 誰かが来てその都度窓を開けるので空気が通ってカビになりにくくなったとのこと。

2箇所目の家のローン返済は大変?

月のローンは4万円程度。

週末に三浦に来て外食をしたとしても東京に比べると安いため それほど負担にはなっていないそうです。

 

さらにコンパクトな暮らし方・シェアハウス

シェアハウス・あえり庵も紹介されました。

4部屋に仕切れる大広間を総勢20名でシェアしているのだそうです。

一人当たりの会費は1万円。

キッチンやお風呂もついていて、 洗面台も三つ。

シェアハウスでの二箇所暮らしで苦労したことは?

ゴミの問題土日に来ると平日にゴミを捨てなきゃならないため、 ゴミが溜まってしまったり掃除などの分担の伝達を行き渡らせることが大切。

コミュニティとして運営できないとトラブルになるそうです。

2箇所暮らしで良かったことは?

気持ちがリセットされること。

海や山があってぼーっとできることで東京でも頑張るかという気持ちになれるそうです。

スポンサーリンク

 

デュアルライフに対してのネットの反応は?

 

メレンゲの気持ち!都心と田舎で暮らすデュアルライフやシェアハウスのまとめ

 

今回のメレンゲの気持ちでは、都心と田舎で暮らすデュアルライフやシェアハウスについて紹介されました。

田舎暮らしをしてみたいという方にはお試して体験できるのはとても嬉しいことですよね。

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
Mugistyle