主治医が見つかる診療所・夜の歯磨きとお風呂ストレッチで病気にかかりにくくなる習慣

健康

2020年4月30日放送の主治医が見つかる診療所では、家にいながらでも簡単にできる代謝が上がって自然と痩せる方法を教えてくれました。

こちらでは主治医が見つかる診療所で教えてくれた 代謝が上がって自然と痩せる 病気にかかりにくくなる簡単習慣・小腹が空いた時に細胞呼吸を活性化する間食にオススメの食べ物をまとめていきます。

\今すぐクリックして見てみる/

▲▲セール情報をチェック▲▲

主治医が見つかる診療所で病気にかかりにくくなる簡単習慣

今回はメジャーリーガーやお相撲さん、企業の CEOなどの健康管理をしてきたという先生が紹介。

痩せるためにやるべきなのは細胞呼吸の活性化。

細胞呼吸とは通常の口から入る呼吸とは違う体の中で行われる呼吸のこと。

それぞれの細胞は毛細血管から運ばれる酸素や栄養を受け取るエネルギーを生み出しています。

これか細胞呼吸。

細胞呼吸が活性化するとウイルス夜間に対する免疫機能が高まり ることがわかっているとのこと。

先生曰く少しの習慣を少し変えるだけで細胞呼吸を活性化することができるのだそうです。

スポンサーリンク

細胞呼吸を活性化する・自然と痩せて病気にかかりにくくなる習慣

 

寝る前にしてはいけない意外な行動

大切なのは寝る前の行動だそうですよ。

白い寒色系の照明は目が覚めてしまうため暖色系の照明を使うと良いとのこと。

夕食は夜9時頃までに食べ終われば何を食べてもOK。

しかし遅い時間の食事やアルコールは眠りが浅くなってしまう恐れがあるとのこと。

毎日の習慣にするには良くないそうです。

睡眠の質を落として代謝を下げてしまうという意外な行動は寝る前にしてはいけない意外な行動は、 歯磨き。

歯磨きの時間は気をつけるべき!

睡眠直前に歯磨きをすると睡眠を深くして質を高くしてくれるメラトニンが減ってしまうとのこと。

そうすると細胞呼吸に対して害が出るのだそうです。

ブラッシングによる歯茎への刺激が睡眠ホルモンの分泌を減少させることが近年の研究で分かったのだそう。

睡眠の質を高めて代謝を上げるためにはご飯を食べた30分後に歯を磨くと良いそうですよ。

 

お風呂ストレッチ・背骨伸ばし

朝はリンパシャワーがお勧めでしたが寝る前は質の良い睡眠にはお風呂が重要。

そこでストレッチを加えることで全身の毛細血管がより緩んで睡眠中の代謝細胞呼吸の活性化に繋がるとのこと。

両手を組んで体を前に倒し背骨を伸ばします。

これで背中が広がり肩甲骨が開いて 背中全体の筋肉がしっかり伸ばせるとのこと。

副交感神経が上がって全身の毛細血管が入ると全身の血流が体の隅々まで行き届くそうですよ。

お風呂ストレッチ・手首伸ばし

腕を伸ばして反対側の手で指や手首をそらすことで 普段あまり伸ばさない筋肉を刺激することができ 毛細血管の先にまで血液を届けられるとのこと。

 

 

スポンサーリンク

 

主治医が見つかる診療所で紹介された朝・昼の習慣

https://msntk.com/3841/
https://msntk.com/3845/
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク
Mugistyle