【主治医が見つかる診療所】認知症予防の手の体操のやり方・脳が活性化するトレーニング

健康

2020年7月30日放送の主治医が見つかる診療所では、脳が活性化する手の体操を教えてくれました。

脳を活性化させ認知症予防にもつながる手の体操です。

認知症予防の手の体操のやり方・脳が活性化するトレーニング

①片手は常に行くもう一方の手は常にパーです。

②ちょうだいの掛け声の時にはグーを前に。

③いらないの掛け声の時にはパーを前に出します

ちょうだいの掛け声を出す時にはパワーを前に出したくなりますが、あえてグーを出すのがこのと体操の特徴です

いらないいらないちょうだいなどと自由に指示を出してもらい、 その指示通りに声を出しながらでも動かします。

これを繰り返すことで脳が活性化し認知症予防にもつながるとのこと。

スポンサーリンク

【主治医が見つかる診療所】認知症予防の手の体操のやり方・脳が活性化するトレーニングのまとめ

 

こちらでは主治医が見つかる診療所で教えてくれた認知症予防の手の体操のやり方をまとめてきました。

 

脳が活性化するトレーニングとのことなので、ぜひやっていきたいですね。

スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク
Mugistyle